【節目攻防】俺サテライト 2020/06/22~【随時追記中】

俺サテライト
スポンサーリンク

あくまでも私見に基づく独り言です。
買うとも売るとも言いません。
良い子は真似しないでください。

スポンサーリンク

6/25 11:00

ダウ急落710ドル安、コロナ感染再拡大で景気悪化懸念
米国株式市場は、国内で新型コロナウイルス感染が再び拡大していることを受け、急落し、ダウ平均株価は710ドル安で終了した。ロックダウン(都市封鎖)などの感染拡大抑制策が再び実施され、景気が一段と悪化するとの懸念が出る中、主要3指数の下落率は約2週間ぶりの大きさとなった。
ダウ先物30分足

直近節目
25700-25800
25480
(現在値付近)
25200
24900
24700
24500

持ち合い下放れの様相。
SQ安定通過後、安心感の空気も流れてるので、意外な続落は想定の立ち回りを行いたい。
26000上は一つの大きな節目として機能するが、現状上抜けを期待してLするより個人的には適度なポイントで戻り売りたい方針。
25700-25800は重い
24500下はいつでもぶち抜ける雰囲気。
雰囲気見ながらこつこつor握力かけるタイミングを判断したい。

日経ミニ 30分足

直近節目
22600-22700
22460
22360
(現在値付近)
22170
22100
22040
22510

NY市場を受けてレンジ下放れチャレンジの動き
22000どころは大きな節目として意識。
22000明確に割れるまでは売りにくい。
23000超えていくイメージは短期的につかないので、日銀ETF買いの市場動向思惑や海外市場の雰囲気睨みながらの立ち回りになりそう。
基本は噴いたら売るスタンス。

6/25 17:30

東証大引け 続落、欧米株安が重荷 コロナ感染再拡大を懸念
25日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比274円53銭(1.22%)安の2万2259円79銭で終えた。米国での新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う経済停滞懸念から、前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が急落。欧米株安を受け、東京市場でも売りが優勢だった。日経平均の下げ幅は前引け間際に一時360円を超えたが、...
日経ミニ15分足

ナイトセッション窓開けスタート。
22040節目意識しつつ、22050で切り返し。

日経先物はレンジ内で推移。

直近節目
22600-22700
22460(ここより上は重い印象)
22360
(現在値付近)
22170
22100
22040(22050で切り返し)
22510

タイトルとURLをコピーしました